「仁丹の緑茶青汁」(仁丹)

青汁ランキングにランクインした「仁丹」の「仁丹の緑茶青汁」は、緑茶というだけあって、お茶のような爽やかなお味が人気の青汁。もう6年も愛用しているというコアなファンもいらっしゃるようです。妊娠中の野菜不足解消のために飲み始め、産後は産後の栄養補給に、今では「仁丹の緑茶青汁」を飲まないと、歯磨きをしていないような違和感を感じてしまう、という方も。一日一包飲む方がほとんどですが、野菜不足を感じるときは、一日に二包召し上がる方もいらっしゃるようです。

水などに溶かすだけで十分おいしく召し上がっていただけますが、少し粉が沈殿しやすいので、混ぜたあとは一気に飲んでしまうか、混ぜながら飲んでいただくほうが、無駄なく最後まで召し上がっていただくことができます。飲んでいて粉っぽさを感じる方は、牛乳などで溶いて飲むと、粉っぽさを感じることなく飲んでいただけるようです。サプリメントは苦手だけど、青汁なら安心して飲むことができる、という健康オタクの方からも支持を得ている、信頼できる青汁がこちらの「仁丹の緑茶青汁」なのですね。

これまで冷凍の液体青汁をメインで召し上がっていた方は、粉末の青汁に大きな違和感を感じるようなので、水よりも牛乳で溶いて飲んでいただくことをおすすめします。粉末タイプに慣れている方は、飲みにくいことなく召し上がっていただけるかと思いますので、温かいお湯に溶かして、体を冷やさないように飲んでみてくださいね。