「葉っぱのミルク」(ヤクルトヘルスフーズ)

やはりこちらも青汁ランキングにランクインしました、「ヤクルトヘルスフーズ」の「葉っぱのミルク」。大手メーカーだけあって、優秀な商品をたくさん提供しているのには頭が下がります。「葉っぱのミルク」は、大麦若葉とケールがどちらも配合されている青汁。どちらか片方のみの青汁が多いようですが、こちらは上手にブレンドすることで、ケールの苦味を抑えて飲みやすい味に仕上がっていますが、飲みやすさの秘密には、一緒にブレンドされている豆乳や発芽玄米、さとうきび糖も重要な役割を果たしています。

青汁と豆乳は、飲みやすくするために一緒に合わせて飲む方が多いかと思いますが、「葉っぱのミルク」は最初から合わせてしまうことで、飲みやすくしているのはもちろん、大豆イソフラボンなどの栄養価も合わせて体内に取り入れることができます。玄米のミネラルも同様です。そこに、さらに飲みやすさを引き立てるために、体にやさしいさとうきび糖をプラス。これはおいしくないわけがありません。ケールの飲みにくさも飛んでいってしまいそう。

便秘に効果を実感出来たという口コミも多い上に、ドラッグストアで購入できる、お手頃な青汁の中では「葉っぱのミルク」が一番コストパフォーマンスがよいというレポートも。店頭で気軽に購入できるというのも人気の理由ですね。これなら一日二包飲んでもお財布に響きません。牛乳で割って、カルシウムも同時に補給してもよいですし、お湯で溶いてお茶感覚で召し上がってもおいしいので、あなたに合った飲み方を見つけてみてくださいね。